■ ようこそ『不眠症で生活習慣病や癌リスク!睡眠は名医』へ

このサイトのコンテンツは睡眠、不眠症です。睡眠は命の仕組みです。睡眠なしでは生きていけません。不眠症の改善が生活習慣病の予防や改善になります。
耳と耳を結んだ線の中央当たりに体内時計はあり、その周りには血圧や食欲などの調節機能があり、体内時計と連動していますが不眠や睡眠不足が続くと血圧や食欲などに影響を与え、高血圧症や糖尿病などの生活習慣病の発症と深く関係していることが最近分かってきています。
睡眠は人生の1/3を占め、体内でできる疲労物質はほとんど睡眠でしか除去できませんから睡眠が足りないといつも疲労していることになります。そうゆう状態が続くと疲労していることすら感じない疲労感なき疲労が蓄積され生活習慣病や癌のリスクが高まります。

快眠、快食、快便は健康の基本です。忙しくストレスが溜まりどこかおかしくなりかけた日本社会ですが脳を睡眠によって休ませ、ストレスに打ち勝ち明日への活力にし健康な身体にしましょう。


深い海の底に居るような深い眠りで疲れをとりましょう。

不眠症のない海の底のような深い眠りへ


寝る子はよく育つと言われますがまさに寝ている間に活力は養われます。目覚めのよさはストレスに影響され、不眠症からうつ病になりやすいともいわれています。

実は体内時間は24時間ではなく25時間だといわれこの時間の差が不眠症、目覚めの悪さにつながり生活習慣病を引き起こす原因の一つです。

体内時計を上手にリセットしたり、夜型の人は体内時計の修復、日光浴が不眠症の改善になります。

高血圧になると睡眠の質が悪くなったり睡眠障害を引き起こしたりしますが逆に寝不足になると高血圧や糖尿病になりやすいとか生活習慣病には以外にも睡眠が大きくかかわっているのです。

不眠は生活習慣病ばかりではなく、癌になるリスクが6倍にもはね上がるという調査結果もあります。




■ 『睡眠に勝る名医なし』といわれる。

睡眠中に細胞損傷の修復が行われ、病気やウイルスに対抗する免疫力も増強されます。眠るには睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が必要ですが、そのメラトニンには抗酸化作用があり身体の衰えや癌などの予防効果があります。『睡眠に勝る名医なし』と言われています。

もちろん、寝ていれば直るというものではありませんし、お医者さんがいないと直らない病気はたくさんありますが、よく寝る患者さんは直りも早いといわれます。

睡眠は疲労物質を除去してくれますから睡眠が十分足りている人は疲労が少ないのです。疲労は生活習慣病やいろんな病気の原因になります。

生活習慣病の予防または改善にはなるたけ睡眠時間を確保し疲労をとり身体の調子を整えて生活のリズムを作ることが重要なのです。