睡眠と病気睡眠時無呼吸症候群


■ 睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは? 症状は?

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは「一晩(7時間)の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上、または、睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上おこる状態」と定義されています。つまり睡眠中に酸欠状態となっています。しかし、そのまま死に至ることはありませんが高血圧、糖尿病などの原因となります。

症状としては

■肉体的疲労があるときやお酒を飲んだときなどの一時的ないびきではなく、慢性的ないびきをかく
■睡眠中に無呼吸状態があるので脳は休息できません、そのため熟睡感がなく、昼間に眠気がおそいボーッとしたりする。集中力が低下し作業効率が悪くなる。
■夜間のトイレ回数の増加する。睡眠中に心臓に負担がかかることが原因と考えられている。
■男性にはショッキングなインポテンツの症状があることがある。睡眠の質が悪いことが原因と考えられている。



■ 原因と対策

いびきが大きく関係しています。肥満の方などは、ぜい肉で気道が狭くなりいびきがかきやすい体質になっています。慢性的にいびきをかく人が無呼吸症候群になりやすいのです。

睡眠中は筋肉がゆるみますが上気道の筋肉もゆるみ、仰向けに寝ている状態では舌が喉の奥に垂れて気道を圧迫し狭くなります、そこへ無理やり空気を通そうとし、それがいびきになるのです。 そして舌が気道をふさぐまで垂れてしまえば無呼吸となります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)になりやすい人は肥満体型の中年以降の男性に多くみられますがその他にも首が短い、下顎が小さい、扁桃腺が肥大している人などです。

日本人はもともと頭蓋骨が上下に長く、気道が狭い身体的特長があり、痩せていても発症することがあります。

家庭でできる対策は肥満が原因の場合は減量することです。仰向けではなく呼吸が楽になる横向きで寝るように習慣ずけることです。生活習慣を見直し、質のよい睡眠を心がけることです。


■ 睡眠時無呼吸症候群で一番こわいのは生活習慣病の原因になること

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の人は高血圧や糖尿病などの生活習慣病を伴いやすく不整脈、心不全、突然死なども起きやすくなります。

特に高血圧とは密接な関係あります。睡眠中に血中酸素濃度が低くなり無呼吸のたびに苦しくて脳が目覚めてしまい交感神経が興奮します。交感神経が興奮すると血圧は上昇します。また、のどがふさがりあえいだ状態で胸が圧迫され静脈の血流が多くなり血圧が上昇します。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の人はもともと肥満の人が多く悪条件が重なり、高血圧となります。

また、睡眠不足は血中の糖分濃度が調節しにくくなるといわれ、糖尿病を発症しやすくなります。

いびきは自分ではよくわかりませんが、パートナーからいびきや無呼吸を指摘されたり無呼吸ではと自分で感じたりした場合は病院で受診したほうが賢明です。