不眠症サプリメント


■ 不眠解消に手軽なサプリメント

病気というほどではないが眠りたいのに眠れない不眠症で悩む人や忙しく睡眠不足が続き今日は寝るぞと思っても興奮ぎみで思うように眠れない人は大勢いますが、睡眠では病院には行く気になれないし、それに病院で調合してくれる睡眠薬には抵抗があるが手軽なサプリメントなら服用してみたいと思っている人も沢山います。

最近、話題になっている睡眠サプリは味の素のグリナだ。

アミノ酸企業の味の素では社員にいろいろなアミノ酸を服用させてその作用や効能を研究材料としているそうですが、アミノ酸のグリシンを服用した社員の奥さんが「グリシンを飲んだ日はいびきをかかない」ということを発見し、それが元でグリシンと睡眠の質との関係が研究され睡眠サプリのグリナが誕生したようです。

睡眠サプリの成分別にはアミノ酸のグリシン、メラトニン、トリプトファン、バレリアン、テアニン、ギャバ、セントジョーンズワートなどが主成分の睡眠サプリが販売されています。




■ 成分別睡眠サプリメント

主成分グリシン・・・グリナ他
人の体の20%はタンパク質などのアミノ酸でできている。アミノ酸は筋肉や皮膚などの体の組織を構成しており、赤ちゃんの成長を支える母乳にも豊富に含まれ安全で体にとって必要不可欠な栄養成分です。
アミノ酸のグリシンは人の体の中で作られる必須アミノ酸のひとつで体のいろいろな所にに存在し、皮膚のタンパク質を形づくるなど健康に生きていく上で欠かせない重要な役割を担っています。そのグリシンに睡眠の質を高める力があることがわかりました。味の素によって研究開発されたサプリメントが『グリナ』です。電話やインターネット等を通じての通信販売でのみ販売


主成分メラトニン・・・メラトニン 3mg、メラトニン 1mg 他
人が眠るには眠りの脳内伝達物質メラトニンが分泌されなければ眠くなりません。メラトニンの分泌は真夜中にピークとなり眠りも深くなります。早朝になるに従い減少し代わりに目覚めのセロトニンホルモンが分泌されて目覚め、約14時間後からメラトニンが再び分泌され始め眠くなってきます。高齢者になってくると体内で作られるメラトニンの量は減少し、眠りは浅く短くなってきます。また、時差ボケ解消サプリメントとしても利用する人もいます。メラトニンは人工的に化学物質として作ることができます。脳内伝達物質のメラトニンは日本、ヨーロッパでは製造も販売も禁止されていますがサプリメント大国のアメリカなどでは禁止されずメラトニンサプリメントとして販売されています。メラトニンサプリメントを購入する方法は自己責任で個人輸入のみです。


主成分トリプトファン・・・夢眠サプリ、ナイスリープ・・・他の主成分も含まれている。
トリプトファンは牛乳から発見されたアミノ酸の一種で体内では合成できず、必須アミノ酸に分類されます。トリプトファンは心を穏やかにする脳内伝達物質のセロトニンや、睡眠ホルモンのメラトニンの材料になります。睡眠サプリとして販売されている多くのサプリメントに含まれている。


主成分バレリアン・・・サトウバレリアン、バレリアン
バレリアンは聖ヨハネ草と並んで不眠に効くとされ、ハーブの睡眠薬といわれる。これはドイツで睡眠サプリとして人気があり、効果も実証されている。


主成分テアニン・・・テアニンタブレット
テアニンは、緑茶に含まれるアミノ酸の一種で、ドーパミン、セロトニンの濃度を正常にし、リラックス状態の時に現れる脳波α波をを増加させ興奮を鎮め、リラックスさせる働きを持っています。


主成分ギャバ、セントジョーンズワート・・・快眠ハーブサプリ
ギャバ、セントジョンズワートは感情を安定させるリラックス効果があります。