不眠症鉄分不足が不眠症やうつ病の原因?


■ 鉄は睡眠覚醒に働くため、不足すると寝起きの悪さや中途覚醒症状が顕著になります。

うつ病はストレスによる精神的なものだけでなくビタミン、ミネラル不足も原因となることがわかっています。鉄分が不足すると不眠症やうつ病を発症しやすくなります。

鉄は睡眠覚醒に働くため、不足すると寝起きの悪さや夜中に目が覚める中途覚醒などの症状が顕著になります。 鉄と睡眠は意外にも関係があり、病院でも睡眠障害やうつ病の人にフェリチンが処方されることがあります。フェリチンは鉄分の貯蔵庫なようなものです。

鉄分は細胞増殖をうながし、体の中のさまざまな反応を手助けする重要な働きをしています。

鉄分が不足すると免疫細胞が減ったり、脳に欠かせない働きをする脳内神経伝達物質のセロトニンやドーパミンなどが不足してしまいます。

その結果、睡眠障害やうつ病のリスクが高くなります。




■ 鉄分を効率よくとるにはビタミンCがよい。

鉄分不足を起こさないためには、食事で十分とることが必要ですが、ひじきなどの海藻や鉄分が多いホウレンソウなど野菜は、鉄分と酸素と結びついた状態のため、肉類・魚介類に含まれる鉄分に比べ、吸収率が低くなりす。

ビタミンCには、還元作用があり、鉄分を体内に吸収されやすくする効果があります。

海藻や野菜のサラダにビタミンCが豊富なレモン汁をかけたり、柑橘類を入れたサラダや食後にレモンジュースを飲むと鉄分の吸収がよくなります。



鉄分不足は血液検査ではわかりにくい

通常の血液検査では鉄分の量を推し量る数値のヘモグロビンの値は表示されますが鉄分の貯蔵庫のフェリチンの数値は調べられません。ヘモグロビンの数値が正常であれば鉄分不足とは、考えられません。

しかし、ヘモグロビンの数値が正常であってもフェリチン不足で鉄分が足りないということがあります。ヘモグロビンは生命維持に重要なため、優先的に鉄分が回されるためです。

鉄分不足で貧血の症状がなくても鉄分不足で不眠症やうつ病になることがあります。




鉄分不足がわかる簡単な方法

鉄分不足がわかる簡単な方法は『アッカンべー』をしてまぶたの裏が白っぽければフェリチン不足がうたがわれます。

睡眠障害やうつ病ぎみの人は、簡単なので確かめることをお勧めします。




鉄分を多く含む食べ物

豚肉(レバー) 、鶏肉(レバー)、パセリ、はまぐり、たまごの卵黄、 しじみ、あかがい、のりのつくだ煮、あおのり(乾)、 ひじき(乾) 、抹茶(粉)、 煮干し、ホウレンソウ、小松菜など


また、日本人の朝食は以前はワカメなどの海藻入り味噌汁や干物焼き魚など海の物が多かったため、自然にミネラルがとれていましたが、朝食がパン・コーヒーなどが主流になったため鉄分などのミネラル不足を起こしやすくなっています。

ミネラル不足の人は軟水よりも通常だと飲みにくい硬水を旨いと感じるそうです。世代別に若い世代で硬水を好む傾向が強いようです。海藻サラダなどを朝食にとるとミネラルがとれます。