不眠症不眠症改善にモーツァルト音楽


■ モーツァルトで不眠症や、高血圧、便秘症といった現代病、ガンの緩和・予防にも効果

先日、車の中でラジオを聴いていると埼玉医科大学教授の和合治久さんという人がででこられて「不眠症などどなたでもモーツァルト音楽を聴くだけで簡単に直る。そればかりか免疫力もUPする。」というので調べてみました。

和合治久教授は日本における免疫音楽医療研究の第一人者だそうです。モーツァルトの音楽は、人間の健康を支える生体機能に良い影響を及ぼす高周波とゆらぎ、そして倍音という音の特性を豊富に含んでいて、その効果は、人類の耳の構造によるものだそうです。そのことを学問ですからなんとなく良いというのではなくデーターをとり科学的に証明されています。

モーツァルト音楽は不眠症だけでなく高血圧、便秘症、肩凝り、冷え性といった現代病、生活習慣病そしてガンやインフルエンザの緩和・予防に非常に効果的だそうです。



■ モーツァルト音楽はなぜ不眠症などによいのか?・・・高周波音でリラックス状態

電球の発明以前は概ね太陽が昇ると起きて働き、日没とともに仕事を終えて就寝していました。日中は活動のため心身を興奮させる交感神経と夜はリラックスさせる副交感神経の切り替えが自然に出来ていたのですが、現代は朝まで明かりがついていて、どうしても交感神経が優位になる。

そうすると不眠症、睡眠不足になりやすくなります。


交感神経が優位になるとアドレナリンが過剰に分泌され、血管が収縮し、血行が悪くなります。しかも『不安』、『悲しみ』、『恐れ』という、3大感情悪をかかえている人が大勢います。そのため、高血圧や心筋梗塞など血液循環系疾患や、耳鳴り、難聴といった脳神経系疾患に陥ったりしてしまうのです。

音楽に含まれている周波数が人間の生体機能に影響を与えす。和合治久教授によるとその周波数は3500ヘルツ以上の高周波音だそうです。それがちょうど「モーツァルトの音楽」と重なり合うのです。

「モーツァルトの音楽」を聴くと副交感神経が優位になりリラックスできます。だ液がたくさん分泌されて消化器官の活動が高まったり、血液循環がよくなって発汗が促されたり、アセチルコリンの分泌も盛んになって、ウイルスやガン細胞などを撃退するリンパ球の機能が回復されたりするんです。

和合治久教授いわく「モーツァルトの音楽」はいわば「聴覚薬」だそうです。

「モーツァルトの音楽」を聴いて副交感神経が優位になりリラックスして睡眠をとると寝付きもよく良質の睡眠をとることができ、不眠症にならないのです。


■ 冷え性、肩凝り、便秘症、高血圧、不眠症などの現代病は睡眠不足が原因

和合治久教授によると冷え性、肩凝り、便秘症、高血圧、糖尿病、不眠症などの現代病、生活習慣病は睡眠不足が原因になることが多いそうです。


人間が活動するには睡眠という休息が必要

「モーツァルトの音楽療法」は、人間の自然治癒能力をサポートするためのもので、『寝なくても音楽を聴いているから大丈夫』なんてことはありえないそうです。正しいリズムで7〜8時間の睡眠は必要です。

人間の脳は40分すると休憩をとらないともたないらしいのです。会議で40分以上たっていいアイデアがでてこない場合そのまま続けても無駄なようです。40分過ぎると休憩をとり「モーツァルトの音楽」を聴いてリラックスして再度会議をするといいアイデアがでてくるかもしれませんよ。


「モーツァルトの音楽」を聴くと副交感神経が優位になり唾液の分泌がよくなる。

「モーツァルトの音楽」を聴きリラックスすると唾液の分泌がよくなります。唾液には殺菌効果があり口から入るウイルスを撃退し、免疫力が高まります。


和合治久教授のお勧めのモーツァルトの曲『バイオリン協奏曲ケッフェル218の第3楽章』

『バイオリン協奏曲ケッフェル218の第3楽章』をヘッドホンで聴くと、早い方でわずか5秒で唾液が出てくるそうです。副交感神経がうまく刺激されているという証拠です。


休みを取ることは生存上絶対的に必要

緊張ばかりの世の中で体、神経を休めることは大切です。健康は睡眠から作られます。睡眠に勝る名医はありません。「モーツァルトの音楽」を聴くだけで良質の睡眠が得られます。

和合治久教授は言われています、どんなに忙しく睡眠時間を取ることができないという方も10分でも20分でも目をつぶって「モーツァルトの音楽」に聴きいれば、身体や神経が少しでも安らぐはずです。休みを取るということは生存上絶対的に大切なことでその方が効率も上がります。


■ 管理人の「モーツァルトの音楽」体験記

さっそく枕元近くにCDプレイヤーを用意し「モーツァルトの音楽」を聴きながら寝てみました。今も聞きながら寝ています。和合治久教授が編集されたCDではなく20数年前に女房が初妊娠したときに胎教にいいというので買った「モーツァルトのある部屋」という2枚組のCDです。途中で勢いずく曲も入っています。

モーツァルトの曲であればどれでも効果があるそうです。横で女房が寝ているのでボリュームはできる限り下げていますが音楽に聴き入りながら寝ています。曲が始まって早い段階で寝ています。トイレなどで睡眠途中でよく目が覚めますがこのような時も「モーツァルトの音楽」を聴きながら再寝しています。合わせて複式呼吸をやっていると効果はもっと上がります。