快眠:質のよい睡眠睡眠と入浴


■ 快眠を得るためにはいつ入浴すればいいの・・・入浴が適切でないと不眠の原因にも

体温の変化

日中に比べて睡眠中は体温が1度程度下がります。人間には体内時計があり夜になると体内時計が体温を下げるように働き眠くなり寝ることができます。睡眠には日中活動で加熱した脳を冷却する役割があります。体温を下げて脳を冷却するのです。

体温を下げやすいように夕食を先にとり、消化の時間を考慮して夕食から1時間半後に入浴し、入浴で上がった体温を下げる時間を2時間とり就寝するのが睡眠には理想だそうですが、しかし忙しい現代人、理想の時間通りにはできませんし家族がいれば自分の思うようにいきません。

入浴方法や入浴時刻で寝付きが悪くなり不眠症になったり睡眠不足になったりします。健康は睡眠によって作られます。理想通りにはいかなくても入浴を工夫してぐっすり眠れる質の良い睡眠を得たいものです。




■ 温めのお湯で長めの入浴・・・お風呂はリラックスタイム・・・肩こりに効果

42度以上の熱いお湯に入ると、体温はなかなか下がらず睡眠に適した体温になるまで2時間かかり、それに熱いお湯で緊張の交感神経が活性化し興奮状態になります。熱いお湯でないと風呂に入った気になれない人は就寝の2時間前に入浴するのがいいです。

就寝の2時間も前にお風呂に入れない人は、39度〜41度の温めのお湯で10〜20分程度浸かる長めの入浴がお勧めです。

入浴後、体温は上がりますが睡眠モードの夜ですので体温は急激に下がりますがその時間帯を利用すれば寝れます。入浴後15〜30分ぐらいに就寝すれば寝付きが早く良く眠れます。布団に入ってもどうも体温が下がらず寝苦しいと感じたときには掛け布団をずらすなどして体温を下げるようにするとよい。

それにお風呂はリラックスタイムです。温めのお湯は緩和の副交感神経が優位に働きリラックスできます。入浴によって疲労物質のFFタンパク質は除去できませんが、温めのお湯に長時間浸かることで筋肉が緩み肩こりなどには大変効果があります。

管理人はひどい肩こりが原因の頭痛で寝込み会社にいけないことが過去に度々あり、体重は1kg程度落ち1週間程度頭痛が続くときがありましたが、ペインクリニックやアンマにいってもその場しのぎで眼性疲労が溜まるとまた頭痛に悩まされるというときがありました。

新聞の健康欄で「肩こりには半身浴で長風呂が効果ある。」という記事を読みさっそく実践しましたが効果抜群です。半身浴で30分以上温めのお湯に浸かっていますがそれ以来頭痛とはオサラバです。リラックスして鼻歌など歌っています。

しかし、リラックスして気持ちいいからといってお風呂で寝てはいけません。血圧が下がり意識を失い死んでしまいます。

お風呂で十分リラックスし、長風呂で疲れるとよく眠れます。



■ 入浴前にちょっと寝るのは禁物

管理人もお風呂に入るのはイヤではないのですが、どうも面倒で一日の疲れもあり、つい入浴前にちょっとだけ寝ようと思い横になると寝てしまい気がつくと12時を過ぎていたり、長椅子に横になってテレビを見ていると寝てしまったりすることがよくあります。上記のように肩こりがあるので何時になろうとお風呂には入りますが、昔は面倒なので翌朝シャワーを浴びてすますこともよくありました。

この入浴前にちょっと寝るのは禁物です。寝るのにはエネルギーがいり就寝前8時間はしっかり起きて寝るためのエネルギーを溜めなければいけません。

それに、ちょっと寝た後お風呂に入ると眠気が覚めてしまい眠れなくなってしまいます。体内時計が乱れ不眠症の原因になります。